top of page

菱マンガン鉱・ロードクロサイト

 

WEIGHT/重さ: 2.10cts (±0.02)

SIZE/サイズ: 9.0x6.9mm (±0.2)

SHAPE/形: OVAL/楕円形

 

TREATMENT/処理: NO TREATMENT/なし

ORIGIN/産地: ALMA, COLORADO, U.S./アルマ、コロラド、アメリカ

 

*Please note that the color of the stone may vary slightly from the one seen on the photo.

*石の色は写真と多少異なる場合がありますのでご了承ください。

RHODOCHROSITE 2.10cts (OSRHO0007)

¥81,900Price
  • Rhodochrosite's attraction is apparent due to its raspberry-pink to rose-red hue. The gemstone is taken from the Greek words rhodos, which means "rose," and khros, which means "color," and alludes to its brilliant pink to rose-red tint. Rhodochrosite is often pink to red in hue, but it can also be yellowish, orange, or brown. The pink and white bands found in Rhodochrosite gem stones are frequently used in semi-precious jewelry.

    Rhodochrosite is also called Raspberry Spar, Manganese Spar, and Inca Rose (Rosa del Inca or Rosinca) because of the belief that Incas thought attributed Rhodochrosite to the blood of their forefathers converted into stone. It is also Argentina's National Gemstone.

    The stone itself represents unselfish love and strengthens acts of empathy for others.

  • "菱マンガン鉱の魅力は、ラズベリーピンクからローズレッドの色合いで明らかです。宝石はギリシャ語の「バラ」を意味するロードスと「色」を意味するクロスから取られており、その鮮やかなピンクからローズレッドの色合いをほのめかしています。菱マンガン鉱はピンクから赤の色合いであることがよくありますが、黄色がかった、オレンジ、または茶色の場合もあります。菱マンガン鉱の宝石に見られるピンクと白の帯は、半貴石の宝石によく使用されます。

    菱マンガン鉱は、ラズベリースパー、マンガンスパー、インカローズ(ロサデルインカまたはロシンカ)とも呼ばれます。これは、インカが菱マンガン鉱を祖先の血が石に変わったためだと考えていたためです。アルゼンチンの国立宝石でもあります。

    石自体は利他的な愛を表しており、他人への共感の行為を強化します"

Related Products